シンプルブログ
ユーザー登録/ログイン
これまでTwitterに載せていたものやこれから書き上げたものを載せられたらいいなくらいに思っています。
記事一覧
『落ちゆく運命に水晶の影を重ねて』に関する説明
今作は2024年5月17日の夜、突然書かれたもので、『光無くし水晶の謎』や『空っぽの砂時計』同様に意味不明な文章群として存在する種類の一つになります。 また最近、『記録者』の話や設定を書いていた原因か、その…
公開 : 2024/05/18 11:05
落ちゆく運命に水晶の影を重ねて
(空白)  何かを告げようとした心が灯火の声に耳を傾けても凍った未来に届かない。とうに果てた世界に降り立って見えた出来事も叶えようとした願いももうそこにはなかった。誰かの言葉が示すかのようにその運命…
公開 : 2024/05/18 11:03
『異様な世界と三人の記録者』に関する説明
今作は設定が2024年4月7日~11日、本文は2024年4月8日~21日に書かれたものになります。 この話は実際に見た夢を元に、過去に見た夢の要素も少し含んでいます。またこの話にあたって新しく生まれた三人の記録者が…
公開 : 2024/04/22 16:40
異様な世界と三人の記録者(2/2)
(空白)  ロエアスは自らが持つ記録者としての能力を理解していた。それはとある本に登場する人物の能力を再現したもので、死を誘うことが出来るものだった。記録者としてその力を行使するなら、登場人物の死…
公開 : 2024/04/22 16:37
異様な世界と三人の記録者(1/2)
(空白)  暗闇の中で何かを引き摺る音がする。それが金属に当たったのか響いていた。トンネルのような空間を通り抜けて、姿を現したのは大きな男が斧を引き摺っていた。大男は辿り着いた場所で眠っている子供達…
公開 : 2024/04/22 16:34 / 更新 : 2024/05/14 22:41
『霊の話 外伝③ 描いた未来と本当の願い』に関する説明
今作は2024年3月10日~12日の間に初期設定が組まれて、後に2024年3月19日~27日の間に修正版の設定が組まれました。本文はその修正版を用いて書かれ、2024年3月23日~4月1日の間で完成しました。 完成とは言ったも…
公開 : 2024/04/01 16:58
霊の話 外伝③ 描いた未来と本当の願い(2/2)
(空白)  霧の森を抜けてフィークはある場所へと向かった。そこは少し遠くにある家だった。そこに住む少女には色つき霊の姿が見えていた。  初めて少女に会った時そこにいたのはフィークとルーレだった。そ…
公開 : 2024/04/01 16:57
霊の話 外伝③ 描いた未来と本当の願い(1/2)
(空白)  終焉の端、それは天界の奥に存在する場所。その扉は重く閉じられて、空の神が管理していると言われている。その場所に一人、あらゆる世界の終わりとはじまりを見届ける役目を与えられた霊がいた。彼の…
公開 : 2024/04/01 16:54
短編小説っぽい何か(321~330)/それに関する説明つき
▽短編小説321(2024/1/6)/永遠に漂う夢 その身を焦がして  永遠を行く者 目覚めりし  時の流れ封じの末に 清めた血は枯れる  喰らい尽くす龍の煌きに  死してなお 揺らめく魂が宿る  赤い花が舞…
公開 : 2024/03/31 12:47
『交わる世界と開かれた未来』に関する説明
今作は2024年3月7日~9日に書かれたもので、『霊の話』と『記録者』を組み合わせたものになります。 ただしこの世界は『霊の話 番外編 青い霊編』の後の世界で、本編の世界線ではないことを記しておきます。 ま…
公開 : 2024/03/10 13:34
交わる世界と開かれた未来
(空白)  終わりを告げたはずの世界  一つの選択肢が少しずつずれていき、出会うことのない未来を作り出す  異常なまでに発達した闇が絡み合って生まれた存在はその時の記憶を覚えていない  けれど『世…
公開 : 2024/03/10 13:33
『遺物に侵食された世界』に関する説明
今作は2024年1月13日~2月24日に書かれたものですが、設定そのものは約2年前の2022年9月にありました。その時は『短編小説っぽい何か(掌編小説)』において綴られていましたが、そこから『遺物に侵食された世界』…
公開 : 2024/02/24 14:15
遺物に侵食された世界(10/10)
(空白)  神は高笑いしていた。誰も止めることの出来ない優越にひたって落ち行く二人を見届けようとしていた。地上にいた能力調査隊の人間達は絶望に苛まれ、丸十や甜瓜は恐怖で演奏が止まり、白露は二人の名…
公開 : 2024/02/24 14:11 / 更新 : 2024/02/24 14:15
遺物に侵食された世界(9/10)
(空白)  虧月に言われた通り、砂漠化した街へ飛んでいた。雨夜が悪魔の姿となったことで影の制御がおろそかになり、暗闇の空間が消滅していた。放り出された四人だったが、堕天使の手をとっさに掴んだ丸十と甜…
公開 : 2024/02/24 14:08 / 更新 : 2024/02/24 14:15
遺物に侵食された世界(8/10)
(空白)  資料を拾い上げて風花を運び、隠れ家に戻ってきた。影を強制的に行使したせいか、雨夜が出てこなくなっていた。なんとか運んでいると彼女は目を覚まして気がついた。 「……う」 「風花さん」 「私………
公開 : 2024/02/24 14:03 / 更新 : 2024/02/24 14:15
遺物に侵食された世界(7/10)
(空白)  壊れかけの扉はすでに開かれた状態で、人ひとりが通れるくらい開かれていた。扉に触れることなく、風花は雨夜とともに研究所へ足を踏み入れ、蒼徨も習ってついて行った。蒼徨はいきなり腕を掴まれて驚…
公開 : 2024/02/24 13:58 / 更新 : 2024/02/24 14:14
遺物に侵食された世界(6/10)
(空白)  遺物によって引き裂かれた未来、風花の両親の死から少し経った頃のことだった。彼は「理久」の名を捨て、「雨夜」と名乗るようになっていた。そのことについて風花は何も思わなかった。それどころか…
公開 : 2024/02/24 13:54 / 更新 : 2024/02/24 14:14
遺物に侵食された世界(5/10)
(空白)  呼びかける声が二つ、呼び止める声が一つ、蒼徨の頭に浮かぶ言葉が重なり続けた。しかしその意味を彼は理解できなかった。何かが軋む音が聞こえて、その声達は消えていった。ゆっくりと目を覚ますと見…
公開 : 2024/02/24 13:51 / 更新 : 2024/02/24 14:14
遺物に侵食された世界(4/10)
(空白)  つらつらと語られる内容に蒼徨はメモを取りながら、風花は頷きながら聞いていたが、雨夜は堕天使という外の存在を認識した時、さっきまで感じて違和感に気づいた。 「秘色という人間……もしかして堕…
公開 : 2024/02/24 13:48 / 更新 : 2024/02/24 14:13
遺物に侵食された世界(3/10)
(空白)  数日後、演奏会の日。蒼徨は前もってとある人に電話をかけていた。風花から承諾を受けたその日、能力調査隊の所に戻ってくると複数の警察官がいた。話を聞くに、その演奏会にはチケットを持った人とそ…
公開 : 2024/02/24 13:46 / 更新 : 2024/03/05 16:27
同一カテゴリーブログの新着記事
虫めづる姫
世の中に蝶を愛でる姫君がいる傍ら、按察使の大納言殿のご令嬢は大変…ある意味で…奥ゆかしく、何もかも並々ならぬ娘御であられた。それ故にご両親はそれはそれは手塩に掛けて大切に育てていらしたのである。 この… 
なえどこLog
Posted by まいたけ
carpe diem
 
にょろぺぇんなぶろぐ。 〰 くコ:彡 ~>゜)~~~ byあにょろるけい☆彡
Posted by rk
文具マーケット終了
こんばんは、猫屋三日月です。 昨日は皆様、文具マーケットお疲れ様でした! 文好部 with coppia 様のブースで頒布していただいた自在手帳のペーパーは、無事完売(?)しました! もらってくださった皆様… 
自在手帳プロジェクト
Posted by 猫屋三日月
現パロ俳優ジェフティナ第3話冒頭
七年前。 ある蒸し暑い夏の夜に、その事故は起こった。 劇団モブリズの経営者・マディンが運転する自家用車が見通しの良い国道を走行中、交差点で信号無視の軽ワゴンに衝突され大破。 マディンも、助手席に同… 
t.4.2.
Posted by 虹レンジ
ペン画
いつもはタチカワのペン先を使っていますが、今回はZEBRAにしてみました。 こちらのほうがやわらかいです。 タチカワが商品を値上げするそうですが、生産中止になるよりよっぽどいいので作り続けてほしいで… 
トミログ
Posted by トミヤマ ジュンコ
carpe diem
 
にょろぺぇんなぶろぐ。 〰 くコ:彡 ~>゜)~~~ byあにょろるけい☆彡
Posted by rk
シンプルブログをはじめよう
複雑な時代だからこそ
シンプルなブログをはじめてみませんか?
簡単に無料ではじめられます。
運営者 利用規約 FAQ お問い合わせ API 権利表記
Copyright © シンプルブログ. All Rights Reserved.