読書記録 「ガストン・ルルーの恐怖夜話」
公開 2024/02/22 08:29
最終更新 2024/02/22 12:12
少し前に買った創元推理文庫「ガストン・ルルーの恐怖夜話」をようやく読み終えたので、せっかくだし感想を書きたいと思います。



昔はそこそこに読書はしていたつもりなのですが、ここ数年は読書量がめっきり減ってしまっていました。
長編小説は中々読みきれないし、読めて短編集の気になる話をいくつか摘み読みするのが精一杯…みたいな感じなのが情けない。

ここ最近、自分のメンタル回復のためにTwitter(現X)デトックスをなんとなく行っており、だらだらスマホを見る時間を読書に充てようと思い読みかけだったこちらに手を付けた次第です。
集中して、能動的に文字を追って想像することの難しさと楽しさを久しぶりに実感できました。そして読み終えたことがめちゃくちゃ嬉しい。もっと読むぞ!

ガストン・ルルーといえば「オペラ座の怪人」や「黄色い部屋の謎」が有名ですが、実は黄色い部屋の謎は未読でして……。積んであったと思うので、もう少し短編集などでリハビリをしたのち読みたいと思います。
オペラ座の怪人は今手元に無いのであやふやなんですが、「愛してくれたら善人になる」というような台詞(うろ覚え)をクリスティーヌに告げるファントムのどうしようもなさがとても好きです。やったことは確かに悪ではあるけれど、正しくあれる為の道なんて最初から閉ざされていたキャラクターの悲哀というものにとても惹かれます。
あと終盤の章タイトルの「怪人の愛の終わり」ってめちゃくちゃ美しくないですか?原文だとなんていうんだろうな〜。
ミュージカルでは「The Point of No Return」がめちゃくちゃ好き。あんな美しいメロディ何食ったら生まれるんだ???

まだ本題に入っていないぞ!

今作はルルーの短編集となっておりまして、当時の刊行形態などは存じ上げませんが八つの収録作品のうちいくつかは船乗り達が集まった酒場でそれぞれが体験した怪奇譚を語り合う、という形式になっています。

特にお気に入りの話について書きます。


「胸像たちの晩餐」

片腕を失くしたミシェル船長が語る、航海の合間の滞在先として借りた別荘での話です。
タイトルを最初に見たときはディズニーランドのホーンテッドマンションの喋る像みたいなのを想像しました。

船乗りが語るこわい話というと、船上で嵐に見舞われたとか、旅先の異国で恐ろしい出来事に…となりがちなイメージ。
この話は自国に戻った期間に起こったとのことでしたので、最初はちょっと肩透かし感がありました。
しかし空き家の筈の隣家にいる人物が判明してから物語は意外な方向へ転がっていきます。その人物はミシェル船長の旧い知人でしたが、彼の夫人は頑なに夫とミシェル船長を合わせようとしません。そして船長はついに旧友を訪ねることを決心します。

船上での話ではありませんでしたが、船乗りならではと言えるような話に収束していき非常に面白かったです!

本筋にはあまり関係ないのですが、特に人物を語る際に一言多いのがちょっと笑えるんですよね〜。この話でも家政婦のことを「一日二時間家を散らかしにくるだけ」とか、こういう悪口ギリギリの言い回しがなぜか心地良い。

「恐怖の館」

船乗りの一人が語る、新婚旅行先のスイスで巻き込まれた恐ろしい出来事。こちらは船乗りならではの話とは言えませんが、それでも面白かった。
かつての主人が宿泊客を次々殺していったという曰く付きの「血の宿」。今の主人はこの宿を観光名所として売り出している。
悪天候の為、その宿に急遽泊まることになってしまったという話です。ブラチスラヴァのホステルではありませんが、この手の殺人宿はどこにでもあるんですね。どこにでもあってたまるか。

道中、馬車の座席で一悶着あったイタリア人カップルがこれまた同じ「血の宿」に泊まることになり、その晩ある出来事がおこります。

体験談なのだから話者は無事という着地点は最初から解っているのだけれど、だからこそ芯がブレずにテンポよく読める。恐ろしい話ではありますが、キャラクターや言い回しの軽快さが良いアクセントになっている話でした。

「蝋人形館」

一番最後に収録されていた話です。これが一番好き!
こちらは船乗りが語る話ではなく、怖いものが無いと言い張る男が度胸試しで蝋人形館に一人で一晩過ごすという話です。

フランス版饅頭怖いと思いきや、全っ然笑い話じゃあなかった。
誰もいないはずの真夜中の蝋人形館というシチュエーションがもうめちゃくちゃ良い。人の形をした人ではないものたち(そして大抵恐ろしい姿をしている)に囲まれて過ごす男の様子が、余裕のあるそれからだんだん恐怖の色に変わっていくさまがとてつもなく面白いです。

オチは日本の怪談を思い出しました。
(確か八雲も書いていたな〜と思って青空文庫を見てみたら、肝心のくだりは違っていたのでこの部分は後世の脚色なのかな?)

これはぜひ映像で観てみたいですね〜。真夜中の蝋人形館でどんどん男の表情がヤバくなっていくところがもう容易に想像できますもん。
以前NHKで乱歩や横溝の短編を30分位のドラマにしたシリーズが不定期でやっていたと思うんですが、そういうテイストでどこかやってくれないかな…。他のも合わせてネトフリオリジナルあたりでどうでしょう。全八話ですし、ちょうどワンシーズン位じゃあない?


全体的にミステリー、サスペンス色が強く超常的・神秘的な存在が明確に描かれているのは一作のみです。解説にルルーの生い立ちがさっくり書かれていましたが、新聞記者としてソ連や中東など色々なところに派遣されたらしい。時には変装もしたとか。
オペラ座の怪人もガルニエ宮で起きた様々な不思議なことは実は一人の人間が起こした事だという想像(仮説?)を元に描かれていますし、そういった点が怪奇趣味ではあるけれどどこか地に足のついた作風に繋がっているのかな?と勝手に思いました。
他の作品も読んでみたい。シェリ=ビビとか気になるけどまずは黄色い部屋かな。

私はTwitter(現X)で愛書家日誌さんをフォローしているのですが、毎年ガストン・ルルーの誕生日になるとルルーの名言を投稿されていて、まぁ私は物書きでは無いのですがこの言葉がずっと刺さっています。

https://twitter.com/aishokyo/status/993065350601338880?t=uTGeiYgTDTTXrlpRes5hTA&s=19

作家が仕事部屋に必要なのは花以外にありえない。

多分ルルーはTwitterとかやらない(偏見)。
かえるくん
プロフィールページ
怖い話、特にホラー寄りの映画が好きです。
映画をよく観るようになったのがここ数年からなので、古い有名なものとかあまり観られていなかったりします。
最近の記事
ゴールド・ボーイ 感想文 −きっとあなたもハンバーガーが食べたくなる
沖縄で暮らす男子中学生、朝陽(あさひ)は録画した動画の背後に人が崖から突き落とされる様子が記録されていることに気づく。そ…
2024/03/24 09:54
ボーはおそれている 感想&コラボカクテルレポ −母の愛は用法用量を守れ
アリ・アスター監督最新作、「ボーはおそれている」を観てきました。二回。 一度目は昨年12月のジャパンプレミアです…
2024/03/06 12:21
悪魔がはらわたでいけにえで私 感想 −悪魔はいつも君の側にいる
「悪魔がはらわたでいけにえで私」を観てきました。シネマート新宿舞台挨拶付きの回です。舞台挨拶込で1時間半ほど、本編のみだ…
2024/03/05 08:18
ハンテッド −狩られる夜− 感想 −コンビニ籠城戦
アリスは仕事仲間のジョン(といいつつ不倫相手)と深夜に帰宅する途中、ガソリンスタンドに立ち寄る。 ジョンが給油している間…
2024/03/05 08:13
読書記録 「ガストン・ルルーの恐怖夜話」
少し前に買った創元推理文庫「ガストン・ルルーの恐怖夜話」をようやく読み終えたので、せっかくだし感想を書きたいと思います…
2024/02/22 08:29
ファイブ・ナイツ・アット・フレディーズ 感想 ―ピザ屋要素、どこ?!
「ファイブ・ナイツ・アット・フレディーズ」を観てきました。同名ゲームの映画化ですね。原作のゲームは存じ上げないのですが…
2024/02/12 22:29
犬人間 感想 ―イケメン、金持ち、料理上手
犬人間付き! 「未体験ゾーンの映画たち2024」ラインナップの中の一作、「犬人間」を観てきました。上映館や回数が少ないこ…
2024/01/29 12:27
みなに幸あれ 感想 ―新春異常帰省
2024年初めての映画館での鑑賞は邦画「みなに幸あれ」になりました。 年のはじめにぴったりな、縁起の良さそうなタイトルです…
2024/01/28 22:59
サンクスギビング 感想 ―そのワッフルメーカー、本当に必要ですか?
胸に手を当てて考えてみてください。 グリーン・インフェルノやホステルのイーライ・ロス監督最新作、「サンクスギビング」…
2023/12/31 22:24
トーク・トゥ・ミー 感想 ―悪霊濫用、ダメ、絶対!
「A24ホラー史上最高興収を記録!」の「トーク・トゥ・ミー」を観てきました。 私は映画を積極的に観るようになったのが…
2023/12/31 21:41
ファミリー・ディナー 感想 ―因習村、一人前。
コンプレックスを持つ女の子、ヤバいおばさん、謎の儀式。 揃えちゃいけないものを揃えた感がぷんぷんするオーストリア映画…
2023/12/17 20:52
ムカデ人間2 カラー版 感想 ―被害者が加害者に
「いつか観てみたいけれど、機会がなかったり心の準備が出来ていなかったりで中々観られていない映画」がいくつかあります。 …
2023/12/17 20:43
恐解釈 桃太郎 感想 ―どちらかというとさるかに合戦
11/3に公開された恐解釈 花咲か爺さんに続く恐解釈シリーズ(で良いのかな?)第二弾恐解釈 桃太郎を観てきました。12/9シネマー…
2023/12/16 21:30
ヘル・レイザー 4K 感想 地獄は割と地続き
ヘル・レイザー4k版を観てきました! 何度か書いていますが、わたしは映画をそこそこ観るようになったのがここ数年で、サブス…
2023/12/16 21:16
エクソシスト 信じる者 感想
エクソシスト 信じる者を観てきました。こちらも映画の日に。 悪魔憑きや悪霊憑きのもの、沢山観ている訳ではないのですが…
2023/12/12 08:25
怪物の木こり 感想
12月1日は映画の日で基本1,000円!ということで、休日出勤の振替休日をもぎとって「怪物の木こり」を朝イチで観てきました。 …
2023/12/04 21:13
ザ・バニシング-消失- 感想
年内で国内配給権が切れる為、12月1日より一週間限定でシネマート新宿にて上映されている「ザ・バニシング-消失-」を観てきまし…
2023/12/02 15:38
鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎 感想
オタクを自認している筈なのに気づけばそんなにアニメを観なくなって久しいのですが、鬼太郎の映画を観てきました。 キービジ…
2023/11/23 18:24
最近観た映画の話とか
一本記事を書くほど…ではないけれど最近観た映画のまとめです。 トンソン荘事件の記録 # メインビジュアルの血痕の生々し…
2023/11/20 08:17
理想郷 感想 隣人は選ぼう その2
少し前になってしまいましたがスペインの田舎町を舞台にした映画、「理想郷」を観てきました。同日に「恐解釈 花咲か爺さん」を…
2023/11/19 22:49
もっと見る
タグ
映画(25)
読書(1)
もっと見る