2024/04/22 日記.01『頭を撃ち抜かれた小鹿』
公開 2024/04/22 21:31
最終更新 -
僕の曲を知ってる人でもあんまり知られてないんですが、『ひいらぎ。』としての活動のほかに『wUSS』というバンドの編曲担当もしてるんですよね。
編曲する時、そのバンドの曲は必然的に相当な数リピートして聞くんですけど、毎度、全部の曲に思い知らされるんです。「この人には敵わないんだろうな、曲も、経験も、人間性も」って。
別にそれで挫折とかはないんですけど、なんか、すごい人とバンド組んでるんだなって、実感します。
例えるなら、森の中の小鹿に拳銃、しかも目の前で構えられて、成す術なく撃ち抜かれるみたい、というんでしょうか、本当に圧倒的すぎて抗うことも諦めさせられちゃうんですよね。
だったら撃ち抜かれないように一緒に頑張ろうって。
小鹿って、人間よりも全然早いじゃないですか。だから移動手段に背中に乗せるみたいに、お互いできることを出し合ってすごいもん作ろうぜって、感じ?よくわからん例えだったらすいません。
いや、勿論彼の曲は大好きですけど。

本当に、歌詞もメロディも関心というか、感動というかさせられてばっかじゃ悔しいので、僕は「編曲」という武器で立ち向かいます。
それで彼を守れるかはまだ定かではないですけど、できるようになれればなって、思います。

背中追っかけて、いつしか二人三脚になって、躓いて、泣いて、同じゴールで笑い合えたら、これ以上の幸はないなって、今でも思ってます。
ひいらぎ。
プロフィールページ
日記と詩と音楽と。
最近の記事
日記.5 『回想録』
今朝は自分の昔の曲聴きました。 なんていうか、色々考えてんだなって思いました。「この曲書いた時はあんなことあったな」と…
2024/05/15 11:55
日記.4『先週のディスコグラフィ』
色々思うことはあるんで、色々書きます。 最初はホームページを作れる人が欲しいなって話です。 今はwixさんで出さしていた…
2024/05/13 13:07
ゐとをかし 原文
開き直ったネオン街 静寂が五月蠅い夜の街 季節外れの蟬時雨 昨日の僕は行方不明 僕のフリした狐に木枯らし 夕暮れのカ…
2024/05/10 07:22
日記.3『永遠なんてないくせに』
作曲、編曲の合間、不意に思うんです。 「音楽ができなくなったらどうしよう」って。 ひいらぎ。として、はたまた「wUSS」と…
2024/05/10 07:05
日記.2『蔑ろ』
僕がツイッターとかで日記とかブログとかやらない理由は、通知が怖いからです。 ラインもそうなんですけど、何言われたか分か…
2024/04/29 12:41
2024/04/22 日記.01『頭を撃ち抜かれた小鹿』
僕の曲を知ってる人でもあんまり知られてないんですが、『ひいらぎ。』としての活動のほかに『wUSS』というバンドの編曲担当も…
2024/04/22 21:31
流星の見える街 原文
夜空を駆ける白線が 君の街に向かっていった 無数に降る放物線が 美しく見えて 目を瞑る そして祈るんだ 遠くへ 遠く…
2024/03/16 00:41
1stハンドメイドミニアルバム『空宙歩行』について
今回制作させていただいたミニアルバム、『空宙歩行』についての独り言です。 『空宙歩行』 インディーズバンドのCD、みた…
2024/03/05 15:02
夏を教えて 2023/12/05
「残酷な世界」と嘆くには 君はまだ夏を知らない 詳らかには語られない世界だから 難しいのは仕方ないさ あの日見た夕焼…
2023/12/05 21:51
朝焼け
今朝の夢がまだ覚めなくて 触れられないからとても痛い 夕暮れの空なぞった雲が 途切れた 僕らみたい 日が沈んで日が昇っ…
2023/10/20 09:06
ゐとをかし
開き直ったネオン街 静寂が五月蠅い夜の街 季節外れの蟬時雨 昨日の僕は行方不明 僕のフリした狐に木枯らし 夕暮れのカ…
2023/10/20 09:02
ハッカ飴
透明な海の風 錆びついた夢を見てた 日常の埋め合わせ 透き通る飴を噛み砕く 曖昧な色の目で 君にしかできない風まかせ …
2023/10/11 11:36
蚊取り線香
あの煙をなぞった先に夏がいる気がしてさ 空を切る 明日の天気予報は 晴れのち曇りで肌寒くなるらしい 暑い夏が恋しいと …
2023/10/11 11:34
紡線歌 〜remixed by wUSS〜
曇天の真下で蹲っている 風が誘う出口にまだ気づけない 光の差す方へと走っている 眩しすぎて 自分をまた見失い でもそん…
2023/10/11 11:33
部屋の中の君へ
君が来なくて一月が経つ 一つだけ空いた席が待ってる 君を待ってる 別にいなくても何にもないけど 少し寂しい風景になる …
2023/10/11 11:32
七つの星
一つ失くした物をずっと 探してるんだ いつから失くなったのかすら あんまり覚えてないけれど 二人ではなくて 少し寒い 煙…
2023/10/11 11:31
たまごやき
初めて焼いたたまごやき 初めて不安高校生活 初めて弁当たまごやき 初めてだから失敗だらけだ 形歪だし なんか焦げたし …
2023/10/11 11:31
「行かないで、夏」
「ばいばい」それが最後の言葉だった 「くだらない」 そんな言葉遊びだった つまんない かつて投げ捨てた夏が今 戻らない「…
2023/10/11 11:30
僕が死ぬ前のさいごの歌
「幸せ」の意味を考えると眠れなくて 木漏れ日照らすのは腕の傷と道なき道で このまま目が覚めないまま 夢の中で過ごせたら…
2023/10/11 11:29
Siena
いつか見たアニメの主人公 悪党を許さずに今日も どっかでまたまだ 誰かを助けているんだろう そんなんじゃ救われないほど…
2023/10/10 11:33
もっと見る
タグ
歌詞(12)
日記(3)
音楽(2)
ライブ(1)
もっと見る
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ