[今日の短歌/蒔田さくら子]罅入りし鶴首水瓶(つるくびすいびやう)むらむらと割りたくなりて細首つかむ
公開 2024/03/21 09:38
最終更新 -
くみ(くまぷー)
プロフィールページ
短歌は人生の道標。読むけど詠めません。読めるとは言ってない。
日々のつぶやきはこちら
https://taittsuu.com/users/kuma_pu_o_0
最近の記事
[今日の短歌/小野興二郎]木には木の言葉のありてこの夜も星美しと言ひあひてゐむ
2024/04/24 09:27
[今日の短歌/青木昭子]身体(しんたい)にしまふ心の荷をほどく 公孫樹が散つて楓が散つて
あらー…読み間違えてるね。自分の中に溜め込んでしまったもの、かな。しまわれてゆくんじゃなくて、散ってゆく。血にも肉に…
2024/04/23 09:58
[今日の短歌/石川不二子]怒りとならむ心まぎれて出で来しが海は美しき荒れやうをせり
2024/04/22 10:17
[今日の短歌/奥村晃作]どこまでが空かと思い 結局は 地上スレスレまで空である
2024/04/21 12:58
[今日の短歌/稲葉京子]花の白満つる庭ゆゑにくきものも傷つけぬまま帰してしまふ
2024/04/20 16:49
[今日の短歌/杜澤光一郎]たちまちに喰(く)ひたひらげて口紅を塗りなほしをり女おそろし
2024/04/19 11:41
[今日の短歌/篠弘]簡潔につたふる若き通訳のことばは何を省(はぶ)きたりしか
2024/04/18 10:13
[今日の短歌/松坂弘]暗澹と菜の花の黄に降りそそぎ音なき昼の時はすぎゆく
釘付けになって、しばらく言葉を失いました。 砂子屋書房さんの歌集が、e-honで取り寄せになってたので、ダメ元で注文して…
2024/04/17 09:00
[今日の短歌/来嶋靖生]人間の夢を聚(あつ)めて空に照る遠き世に生(あ)れいまを澄む月
2024/04/16 08:32
[今日の短歌/志垣澄幸]為すことも為さざることも一生にて地には花々空に光満つ
2024/04/15 09:29
[今日の短歌/石田比呂志]今日もまた来ておるわいと思いながら酒飲む男の横に坐る
2024/04/14 11:56
[今日の短歌/石川不二子]七回忌の姑(はは)夢に来て機嫌よし何故か私も死にたくなりぬ
2024/04/13 11:52
[今日の短歌/田井安曇]石投げし少年一人わがなかに倒れ無数の青年倒る
2024/04/12 10:16
[今日の短歌/宮原望子]金色(こんじき)のちひさき鳥という比喩を踏みつけて歩(ゆ)く銀杏…
2024/04/11 10:28
[今日の短歌/高瀬一誌]うどん屋の饂飩の文字が混沌の文字になるまでを酔う
2024/04/10 10:15
[今日の短歌/稲葉京子]人はみなおのれにふさふなにがしの風を曳きつつ擦れ違ふらむ
2024/04/09 09:24
[今日の短歌/雨宮雅子]きさらぎはひかりの林 みなゆきて光の創(きず)を負いてかへれよ
2024/04/08 10:32
[今日の短歌/篠弘]ひとりとは白雨をつきて走ること礫(つぶて)のやうなるしづくをまとふ
2024/04/07 10:06
[今日の短歌/蒔田さくら子]ゆきどまりの思考に過ぎぬ 戻りくる視線のあたりの鶴首水瓶(つ…
2024/04/06 15:09
[今日の短歌/来嶋靖生]かりそめに物はな言ひそ牙を研ぎ闇に眼を剝(む)くもののけの見ゆ
2024/04/05 10:00
もっと見る
タグ
もっと見る