[今日の短歌/山本和可子]箸ひとつ転がる些細にふと兆すいつか一人になる日の不安
公開 2024/02/13 09:17
最終更新 -
くみ(くまぷー)
プロフィールページ
短歌は人生の道標。読むけど詠めません。読めるとは言ってない。
日々のつぶやきはこちら
https://taittsuu.com/users/kuma_pu_o_0
最近の記事
[今日の短歌/安永蕗子]落ちてゆく陽(ひ)のしづかなるくれなゐを女(をみな)と思ひ男(を…
結局うまく書けてない…。
2024/03/03 11:28
[今日の短歌/春日真木子]有事とはいかなるときぞわらわらと赤松あかき鱗をこぼす
2024/03/02 10:44
[今日の短歌/武川忠一]日ぐれ道幼きものら摘みためしほたるぶくろに灯のともり来よ
2024/03/01 10:11
[今日の短歌/前登志夫]年とるはおのが喜劇を見守れる一観客になりゆくことか
2024/02/29 09:51
[今日の短歌/浜田到]逆光の扉(どあ)にうかび少女立てばひとつの黄昏が満たされゆかむ
2024/02/28 09:42
[今日の短歌/山中智恵子]千年の歌のちぎりの嬉(うるは)しくはた虚しきを誰か知らなむ
2024/02/27 10:12
[今日の短歌/宮英子]亡き夫の知らざる齢(よはひ)をわが生きてユーフラテスの岸にかがめり
2024/02/26 09:25
[今日の短歌/岡野弘彦]美しき ことだまはわれに やどり来よ。このあかときの空に 祈らむ
全然うまく書けなかったな…。
2024/02/25 09:38
[今日の短歌/渡辺松男]よくじかん過去へと飛びていい天気いつぽんの日傘ひらくまつ白
2024/02/24 10:33
[今日の短歌/渡辺幸一]戦車には負けても最後は勝利する言葉の力を信じて生きる
2024/02/23 12:55
[今日の短歌/米川千嘉子]そのくらゐ何なんですかと怒られる相談者 夜更けに読む人生相談
2024/02/22 09:44
[今日の短歌/吉川宏志]石段をのぼり去年と変わらぬをなぜに見にゆく古木の桜
2024/02/21 10:20
[今日の短歌/依田仁美]ればたらにもしもかりにを立てかけて乾坤一擲蛮勇引力
2024/02/20 10:02
[今日の短歌/𠮷田竜宇]色つて面白い形つて不思議とチユリツプの解體ばかり
2024/02/19 09:28
[今日の短歌/横山未来子]花瓶の口にかほうづめむとするもののをらぬ窓辺にあさの日の来つ
2024/02/18 11:52
[今日の短歌/𠮷田恭大]六時半だけど明るい人生を季節に例えるのってどう どうおもう?
2024/02/17 15:17
[今日の短歌/吉岡正孝]一等に当たる錯覚すでにもう才能めいて宝くじ買う
2024/02/16 09:50
[今日の短歌/横山岩男]生きらるるまで生きて見む今生は今のみにして九十代を
2024/02/15 09:03
[今日の短歌/結城千賀子]桜花(はな)仰ぎ花の下ゆく貌(かほ)みなの仄明るみて愁ひなきごと
2024/02/14 09:26
[今日の短歌/山本和可子]箸ひとつ転がる些細にふと兆すいつか一人になる日の不安
2024/02/13 09:17
もっと見る
タグ
もっと見る