[今日の短歌/箱崎禮子]降伏はあり得ぬと語る大統領ゼレンスキー氏の眼鋭し
公開 2023/11/26 11:32
最終更新 -


くみ(くまぷー)
プロフィールページ
短歌は人生の道標。読むけど詠めません。読めるとは言ってない。
日々のつぶやきはこちら
https://taittsuu.com/users/kuma_pu_o_0
最近の記事
[今日の短歌/米川千嘉子]そのくらゐ何なんですかと怒られる相談者 夜更けに読む人生相談
2024/02/22 09:44
[今日の短歌/吉川宏志]石段をのぼり去年と変わらぬをなぜに見にゆく古木の桜
2024/02/21 10:20
[今日の短歌/依田仁美]ればたらにもしもかりにを立てかけて乾坤一擲蛮勇引力
2024/02/20 10:02
[今日の短歌/𠮷田竜宇]色つて面白い形つて不思議とチユリツプの解體ばかり
2024/02/19 09:28
[今日の短歌/横山未来子]花瓶の口にかほうづめむとするもののをらぬ窓辺にあさの日の来つ
2024/02/18 11:52
[今日の短歌/𠮷田恭大]六時半だけど明るい人生を季節に例えるのってどう どうおもう?
2024/02/17 15:17
[今日の短歌/吉岡正孝]一等に当たる錯覚すでにもう才能めいて宝くじ買う
2024/02/16 09:50
[今日の短歌/横山岩男]生きらるるまで生きて見む今生は今のみにして九十代を
2024/02/15 09:03
[今日の短歌/結城千賀子]桜花(はな)仰ぎ花の下ゆく貌(かほ)みなの仄明るみて愁ひなきごと
2024/02/14 09:26
[今日の短歌/山本和可子]箸ひとつ転がる些細にふと兆すいつか一人になる日の不安
2024/02/13 09:17
[今日の短歌/山本光珠]ブラインドに街のまぶしさ 生受けて心明からぬもの多からん
微妙なニュアンスを読み間違えたような気がする…。
2024/02/12 11:58
[今日の短歌/山野吾郎]老いは先ず足からという脅しにも似たる見出しに異議は申さず
2024/02/11 13:10
[今日の短歌/山中律雄]暖房を切りしわが部屋やすやすと闇になじみてゆくごとく冷ゆ
2024/02/10 13:53
[今日の短歌/山田航]明日の天気は雨のち恥ずかしい記憶ときどき根拠のない自信でしょう
2024/02/09 09:13
[今日の短歌/山田吉郎]きさらぎの終(つひ)の一日実朝の歌しらべつつ心かそけし
2024/02/08 09:13
[今日の短歌/山田富士郎]雲と雲ひとつになりてまた分かる小さき欠片あとに残して
2024/02/07 09:43
[今日の短歌/山崎聡子]天井に孔雀は描かれ目が合った順にこころは身体に還る
2024/02/06 09:44
[今日の短歌/山階基]夕焼けを引き留めそびれみずうみは深まるように色を失くした
2024/02/05 09:56
[今日の短歌/山下翔]まつすぐに歩けばつひに細くなるけふの散歩の道のよろしさ
2024/02/04 12:21
[今日の短歌/山木礼子]マーカーが掠れしのちの苦笑なりホワイトボードは運がよかつた
2024/02/03 14:53
もっと見る
タグ
もっと見る