映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』感想
公開 2024/05/15 01:34
最終更新 2024/05/15 01:45
公式サイト
https://www.searchlightpictures.jp/movies/nextgoalwins

2024.3.4 鑑賞

敗北からの再起の物語で、サッカーだけでなくそこでの交流や絆を通じて戦うとは、生きるとはどうあることかと向き合って、自身を取り戻していく物語でもありました サッカーのチーム作りや試合の展開はちょっと盛ってるけどね! と冒頭で語られるとおりに? 元の実話とは違ってたりするみたいだけど、形すら成していなかったチームがサッカーらしいことやってくだけでわくわくしてきて、完全にサッカーのサポーター目線で胸熱くしながら観てましたね 以下感想もだんだんただのサポ目線実況風味になっています

⚽FIFAランキング最下位だった米領サモア代表チームが敗北から立ち上がり誇りを取り戻し「1ゴール」を目指していく物語 なもんで随所でかなりサッカーのサポーター目線で見てしまったりもして まず冒頭のオーストラリア代表に31-0で負けた歴史的大敗の試合から、映画的にはこんなヘロヘロどん底チームから始まるんですよーって感じなんだけど⚽好き目線だと2001年のオージー代表って相当強かった頃じゃん……? 自分も当時は今以上ににわか者だったので記憶もうろですが調べたらケヴィン・マスカットとかいてあのマスカット監督の現役時代か! あの頃まーじオーストラリアはオセアニアで敵なしでなのに0.5枠でプレーオフまで勝ち抜かんとW杯出場できないとかないわー言って後々アジア枠に入ってくる流れだったし そんな相手に31失点とかそらそう……なるわ……厳しい現実……って同情わいたししかもサモア側は諸事情からA代表と呼べる実力選手はGKのニッキーくらいで他はアンダー世代とか何とかかき集めて臨んだとも知って、そんなん……つらいわ……寧ろよう最後まで戦ったよ……と完全に思い入れ入っちゃいました 「31失点したけど60セーブくらいしてた」ってGKを讃える言葉に胸がいっぱいになっちゃった そんなん……もう誇らしさしかないよ……本人は忸怩たる思いで慰めの言葉にはならないだろうともわかっているけど、でもそんなあなたを我々は誇りに思う……(感情が完結しそうだけど映画的にはまだ何も始まっていないです) そんな場所にもサッカーに打ち込む人達はいて、何とか立派に強くしたいと思う人達や応援する人達がいるんだなってしみじみ感じながらお話は始まっていく

片や激情家で試合中の暴言暴走数多の行動で解任続きのサッカー監督 自らのサッカー哲学を滾々と語ろうとする姿にまるでサッカーの様相を呈していないランキング最下位チームの監督なんて務まるんか!?? 方向性どうなってんの!!? とか厄介サポーター目線でやきもきしつつやっぱり最初は折り合い悪い 白人様がでかい顔して俺たちの指揮官面するなんて御免だぜ、といった反発を抱く選手もいたり お互いにこんなやつらと……と思ったりもしながらぐっと飲み込んだりうまいこと取り込まれたりして、何かだんだんいい感じの雰囲気になっていく 適当なスピリチュアルっぽい言葉で案外その気になるゆるコメディなノリとかじわっと面白い

そしてチームの再建が始まってまず90分走りきれる体力から! 推進力のあるサイドいるじゃんーー思ったらフィニッシュの精度ーー!!! ボールを枠に入れる練習だ!! ラダーに鳥籠で足元強化! 選手の適性見てコンバート! って流れにわかるーー大事だよねーーーってわくわく見守ってました スラッとした花形選手で何となく点取り屋なCFに置かれてたけどプレー映像を見て寧ろCBでライン取り仕切る方がいい、人望の厚さからキャプテンシーをも見出したりするのめっちゃ好きな展開! そしてボールを前に運ぶにはMF大事だよな……って思ってたらうっかりスピード違反で職質されて出てきた警官が何か足元の上手いやつ! いいね! スカウトだ! 足元の上手い選手(警官です)いいよねー欲しくなっちゃうよねわかるーー中盤の安定はチーム作りの肝ですからね

そんな感じで徐々にメンバーが増えて、サッカーチームらしく様にもなってきて、互いに賢明に取り組むうちに何となく距離も縮まっていく このあたり取り立ててドラマらしい描写は多くなかったですが、そこが湿度高くなりすぎなくて個人的には好きだったかな 気に入らねえなと思っても目標のためにうまいことやってこうぜ、くらいの距離感から悪いやつじゃなさそうじゃん……って親近感が芽生えてくるの、地に足ついた人間描写というか 多種多様な選手たちもいて彼らが一丸となっていく様は見ていて気持ちが良かったです 伝説のGKが戻ってくるのも監督の熱意に動かされ再び情熱の火が……てのでもなく、あんたも大概脛に傷持つやつみたいだしダメ人間同士でいっかーくらいなのもいい

いよいよ挑む大一番のW杯予選 アンセムとともに選手が入場してくるシーン……いつどこで見ても胸熱く目頭が熱くなるんですよね……いまだにサポチームの試合でもちょいちょい涙ぐんでます(涙脆い系サポ) 試合展開は実際とは違ったようですがひとつの試合として熱く拳握る思いで見てました 立ち上がり選手達が動きも表情も固くて鼓舞するように監督が声を荒らげ指示を出すも、萎縮するようにますます戸惑いの色が増していく みるみる相手の勢いに押されていく 伝説のGKが何とか気を吐いて何度もピンチを救う しかし遂に破られ失点を許す……これは仕方ない遅かれ早かれだったよな……GKがニッキーじゃなければもう10失点くらいしてたよ…… 一向に自分たちらしさを出せず一方的な試合展開、やはりかと伸し掛かる現実に重い気持ちになりながら前半終了

勝たなきゃ、と思うと身体がどう動いたらいいか分からなくなって、苦しい、つらい、と語る選手たち 勝ったことがないから、勝たなきゃいけない試合で勝ち方がわからないんだ わかる……わかるよそうして身体が固くなって本来の力が出し切れないうちにずるずる失点してしまうの……(蘇る決勝戦で尽く勝てなかったシルバー時代)このまま敗退したらチームの行く末がどうなるか知る監督はもう駄目だと諦め、激昂し立ち去ろうとしてしまう 代表選手として、W杯出場がかかる試合なんて命懸けのようなもの そこでプレッシャーに押し潰され自滅していくなんて、彼のサッカー哲学ではあり得なかった

そこに掛けられた言葉「負けるなら、一緒に負けましょう」 これが監督にとっての救いの言葉だったんだろうな 監督もずっと、勝たなければならないと思っていた 喪失の苦しみや、挫折の苛立ちや、命運がかかった戦いに だけどチームってのはどんなときも一緒である、それこそが本質で、みんなで一緒に頑張ってその先の結果はどんな形でも受け入れよう、ともに と気付かせてもらったんじゃないかな

そして迎える後半戦 サッカーを楽しんでいこう、勝ちたい思いとともに、を胸に動きが軽やかになっていく選手達 やがて中盤から出される絶妙な縦パス! 反応して飛び出しGKと1対1になり倒されたー! PK! PKだろ!(勝手にサポジャッジ)なんつってたらボールはゴール……ラインを……割……ったーー!!! ゴーール!!! 夢にまで見たワンゴール!!! だ!!!!!

同点となり前掛かりになる相手のプレッシャーを何とか堪えつつゴールにも迫ってCKゲット CBも上がって遮二無二セットプレーで入ったああああキャプテン!! これで勝ち越し!!! はよ試合終われ!!! +5分だって!? ふざけたロスタイムですねえ!!! そんな土壇場で決定機阻止のためPKを与えてしまい、全ては伝説のGKに託される……頼むぜ……祈る思いで見守ると と 止めた まじか すごい やった……やったのか……と放心しながらじわじわこみ上げる実感 いい……いい瞬間でしたね……

ほんのりおとぼけコメディ要素を随所に散りばめながら、茶化しすぎずに期待通りの王道再起物語にきっちり収める タイカ・ワイティティ監督らしい塩梅だったと思います サッカーチームの立て直しを話の軸に多種多様な人々が同じ方向を向いて力を合わせていくこと、分かり合ったり受け入れ合ったりすること、ともにあるとはどういうことか 心にしみてくる話でしたね 良かったです
成人済オタク 二次創作するタイプ
最近の記事
【ガチャ】レノさんBD2024
今日のレノ誕ホームボイスにしみじみ浸ってたらガチャでも来てくれたー! うれしーありがと!! 今年のBDガチャはじぇんじ…
2024/05/16 00:28
まほやくレノックスBDホームボイス2024
まほやくレノックスBDホームボイス見たー革命組と称号主従……良かったね……と第2部後の世界に改めて思う 双子先生たちの深く刺さ…
2024/05/16 00:22
映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』感想
公式サイト https://www.searchlightpictures.jp/movies/nextgoalwins 2024.3.4 鑑賞 敗北からの再起の物語で、サッカー…
2024/05/15 01:34
URL投稿テスト
🔗どう見えるのかなーという確認 https://onihei-hankacho.com/movie/ 鬼平の映画良かった…… 追記 URLの記事中での🔗挙動…
2024/05/14 20:34
【ガチャスクショあり】ソナチネミスラとミチル
めでたく2人ともきてくれました🙌やったー せかせか周回しながらデュオバトルの会話も拾ってるんですがやっぱかっわいい…
2024/05/13 23:30
もっと見る
タグ
ガチャとスクショ(2)
まほやく語り(2)
映画感想(1)
雑記(1)
もっと見る