次の春の終わりに
公開 2024/04/02 01:51
最終更新 2024/04/21 19:17
この世界で
要らないとされたものを
されていくものを

出来るだけ

伝えて残していきたい

落ちた花弁を拾う様に
いずれ多くが無くすものを
ここにある浅知恵を

次の春の終わりに

また次の春が来なくても

彩らない木々の元で
わたしたちの選択の結果が
いつまでも未来になって
もう遥か忘れられる過去となって
だから例えばわたしは

次の春の終わりを

まるで見たとばかりに
三瀬川 三途
プロフィールページ
通りすがりの者です。

個人サイト[小説/雑学]
小説更新:水または土21時目安
▶タイトル未詳
https://sanzu.cloudfree.jp/
最近の記事
次の春の終わりに
この世界で 要らないとされたものを されていくものを 出来るだけ 伝えて残していきたい 落ちた花弁を拾う様に い…
2024/04/02 01:51
Untitled
小さな頃に 小さな手で 朝と夕に祈ったことを思い出す。 「どうか神様。誰にも見つかりません様」 小さな頃に小さ…
2024/03/26 05:26
鏡の時間。
わたしね。 (ヴィンテージになった調度品の) 例えば 明治時代に使われていた鏡をみると 「わたしを映す未来なんて…
2024/03/07 01:43
言葉は末始終、ひととひとを違えるツール。
言葉は欠陥を持ったまま、世に出たツールであり、 齟齬が起きるのは単なる仕様である。  それから。 ひとと、ひとが話し…
2024/03/03 03:40
軋む
今年もまた 誕生日おめでとう って言えなくて もう一年だけ 生きてみよう って思っている 今年もまた 目…
2024/02/28 03:01
水に遊ぶ
いろいろなものが終わるんだって 小耳に挟む先月末は ろくでもない人生に哲学書 いろいろなものを見送り続けて 3月は動…
2024/02/27 00:34
一年間の無駄遣い。
此れはね。 ただの日記。 あけましておめでとう。 年に三度は御挨拶。 冬が来て、また春が来て。 なかなか事は…
2024/02/04 02:04
百年後。
冬の気配と夏の温度が 混ざり合わず 今年も秋は来なかった。 百年前のわたしたちはどうしていたのだろう。 百年後のわた…
2024/01/25 02:37
星の墜落地
道の終わりを考えるとき 観察者は 自分の言葉の欠如を自覚している 星が墜ちる地点で どこまで伝えられるのだろう …
2024/01/20 02:35
問いの続き。
誰も答えを返してくれなくて ずっと座り込んで 分厚い本を広げたまま。 教えてくれる誰の居ただろう隣を 長らく見上げ続…
2024/01/17 02:33
注文制
誰の為に 揺らいでいるのは 香の香りか 更に落ちるは 灰のみか 小さくせねば伝わらない 小さくしては伝わらない …
2024/01/15 22:03
今、わたし達に出来ること。
経済を止めないこと。 誰かの為になりたいのではなくて、互恵関係を築くこと。 相手の必要を満たし、こちらの必要が満た…
2024/01/02 02:02
永遠の長針
いつからって 訊かれたら 三日前って答えよう。 嘘。ずっと 時間がなくて。 理由。はっきり 云えたり云えなかっ…
2023/12/28 01:45
櫂を使えど
櫂を使えど 辿り着けないのは 此の湖(こ)を広いと見ていないから 舟の中での話をしても 役には立たず 個と個のやり…
2023/12/20 02:54
開店中。
気付いたら  冬が来て、12月。 引っ越して びっくりする程。 する事ばかり。 だからずっとお片付け。 整理整…
2023/12/12 03:10
起点:わたし
恋愛はね。昔は苦手で いまも苦手。 消耗する 時間と感情の量が とても多くて。 ほら。みて。 わたしまた疲れてい…
2023/12/07 03:33
ね。神様。
半分で良い。 眠い夜に思い出して。乱雑で。 返してほしいって言葉。 戻してほしいって言葉。 でもね。元はなかった…
2023/11/16 02:40
GHOST
️わたしはね この世界に遺っている 亡霊のようなものだから 今更 終わってしまった自分の話なんて しようと思わなか…
2023/10/31 01:40
感覚以上、感情未満。
治らない風邪の様な症状。 言いたい事はないのに、内側で愚図ついている気持。 午後の紅茶を午前中に飲むフライング行為…
2023/09/23 01:03
神様 の留守番。
夏の終わりが 終末と似て。 昼の熱。夜の無風。 混ぜし神様はきっと 暫しの不在。 留守番のベランダは こうにも温…
2023/08/26 23:26
もっと見る
タグ
日記(27)
散文(26)
物書きの独り言(12)
詩(11)
もっと見る